昔ながらに。

1395372027236.jpg 1395372044862.jpg 1395373185962.jpg

今回は家を造る為の道具を紹介します。

家を造るにあたり、昔ながらの造りにこだわっているため、道具も手で作っています。

これは、木に文字や、記号、線を書くための「スミサシ(墨差し)」という道具です。

自然の竹を割って作りますす。

今いえば、ペンですね。

昔の人は何でも手作り。

今は、お店で買うのが当たり前ですが、こうやって手作りする事で、物に対する有り難みも出てきますね。

昔の人が考えた道具は、長い歴史を経て改良されているため、とても合理的で完成されたものが沢山有りました。

その文化が有るからこそ、今の便利な生活が成り立っていると僕は思います。

便利になりすぎて、大切な職人の心も忘れ去られようとしていますが、まだまだその職人さんたちの技術無くして、今のものづくりは成り立ちません。

バブルの時の、お金で幸福感を購入した時代はもうおわり、これからは本当の人と人との繋がりを大切にする時代が来ると思います。

昔の人が長い歴史の中でつちかった伝統や、技術に対する想いの中に、ホンモノが有ると僕は信じています。

また、それを残して大切にしていきたいと願っています。