手作業で作るということ。

1422829521169.jpg 1422829535430.jpg

この材料は杉です。

今で言う雨戸の戸袋の鏡板に使います。

当然、外部に使用するので風雨にさらされます。

杉の赤身の部分は水に強く腐りにくいので、こういった戸袋に最適なんですね。

そして、こういった材料をひとつひとつ手作業で作るということは、大量生産には無いものが入っています。

それは作る人の想いです。

手作業ですので、細かな部分を加工する際、気持ちが入ります。

常に、仕上がりを、実際に納まった風景を、そこに雨が降っている景色を想像してしまいます。

そうすると自然と自分が造った物に愛着が出てくる。

僕なんかは、お施主様が喜んでいる姿まで想像してしまいます(^o^)

鏡板、完成まであと少し。
楽しみます♪